サイクルライフ

ルートラボ「岡山県棚田めぐり4箇所」 で紹介されている岡山県の棚田を巡ってみた。
建部の総合スポーツセンターから62kmを回るルートだが、何より道に迷わないように、また水分を十分に補給しながらのサイクルツアーだった。

とはいうものの、マップを手にしてスマホGPSで現在位置を確認しながらでも、あまりに道が細かく分かれていて、しかも私邸家屋に続く道と大差ない道幅。 私邸に迷い込むこと2回、道を尋ねること5回(もっとあったかな?)であった。 また、ボトルは2本用意していったが、ちょうど2本を飲みきるころに平野部に到着するというルートであった。

きれいな棚田を4箇所も一度に見れて、天気もよかったし、大満足の1日でした。
稲穂の茂る頃には少し早かったけれど、棚田を丁寧に耕作している方々の苦労を思うと頭の下がる思いでした。
道々で親切にしていただいたの方々には感謝しています。

小山(こやま)の棚田

小山までの登り道は一番の難所。一気に上っていく。長い長~い道のり。

県道が細いので各家屋につながる道と区別がつかない。 途中、マップにあるのと同じような曲がり方をしている道を通っていくと私邸の家屋に迷ってしまった。
家の人には見つからなかったが、危うく不法侵入しそうだった。でもそこから見える風景もきれい。

最後の急坂を駆け上り、小山の棚田に到着。今日の最高点だ。きれいな田んぼが段々に重なっている。休耕田もない。
少し休憩してから坂を下りることにする。

と、下る途中で、いきなり標識のない分岐点。幸いそこにいた車の女性に道を尋ねて右折する。
が、しばらくいっても元に戻りそうにないので、道端にいたおばさんたちに再度道を尋ねる。 「こっちでいいんでしょうか?」と。

 

大垪和西(おおはがにし)の棚田

細い林道を走っていくのは不安なものだ。
途中、対向車の軽トラのおじさんにまたもや「こっちでいいんでしょうか?」と道を尋ねる。

やっとついた大垪和西の棚田は非常に広い。 一周回ると3km以上ある。しかも上下坂道。 せっかくだから全部回ってみることにした。

トイレや休憩所、自由にもらえる絶景ポイントのマップも用意されていて助かった。

ここでも人の家に入り込んでしまった。「この先行き止まり」の標識があっても、地図の形からここしかないと思い込んで行ったら違ってた。
「この上のガードレールですよ」と言われて、バツの悪い思いをした。
「倉敷から来た」とか、「稲穂がきれいなのは9月中ごろ、でも早い人は9月始めから刈り取り始めるからね」とか ひととおり話してから、坂を登っていった。

         

北庄(きたしょう)の棚田

大垪和西の棚田からの途中、「紅(あか)そば亭」の前を過ぎると県道70号と373号の分岐になるが、373号よりの左の坂を登る。
ここでもバイクのお兄さんに道を尋ねると地図をみながら丁寧に教えてくれた。このお兄さんとは後ほど道筋で再会し「道に迷った」と言っていた。

ふたつめの山場である坂を登ったところには「交流館棚田の里」がある。人がいる気配はなかったが、広いグランドが整備されていた。
ここから先の道は下っていく。

下り方向にある北庄の棚田は分岐点から更に下った所にある。
広くはないが、裾には池もあり、風情があるきれいな棚田だった。
ところどころ休耕している棚田があって残念だったけど、こんな急な斜面で稲作の苦労を考えると仕方ないか・・・。

   

上籾(かみもみ)の棚田

上籾の棚田はわかりにくかったので、下りきった交差点まで通り過ぎて引き返してしまった。 畑作業の人に尋ねて坂道を登る道を教えてもらった。下り方向からはわかりにくい標識だったのかもしれない。
登りきった坂の上から見る景色は絶景。きれいなところだった。
不覚にもデジカメの電池が危うくなったので、写真も最小限のものしか撮れていない。

   

Copyright (C) 2006 T.Fujiwara , All rights reserved.

tanada

プロフィールマップ

GPSログ解析

開始日時2011/08/15 08:15:03終了日時2011/08/15 13:38:19
水平距離61.64km沿面距離62.18km
経過時間5時間23分16秒移動時間4時間18分32秒
全体平均速度11.5km/h移動平均速度14.4km/h
最高速度102.6km/h総上昇量1418m
最高高度556m最低高度4m