サイクルライフ

自転車に乗り始め。このアイテムだけはそろえておこう。
安全なチャリライフを送るためにも必須のアイテムたちだ。

初めにそろえる用品類
アイテム メーカー&品番 コメント 通販サイト
ヘッドライト CAT EYE
HL-EL510

いくら昼間だけ乗るという人がいても、もし日が暮れて無灯火走行したら、道行法違反。何より危ない! ヘッドライトは必須アイテム。
これは超高輝度LEDを使ったヘッドライト。明るさと値段で選んだ。
もちろん、エコのために、充電式乾電池「エネループ」を使っている。
後継モデルが出ており、取り付け自由度が高いバンド形式になっている。 また、あまり意味にない低照度切り替えがなくなり、フラッシュできるようになっている。
新モデル
HL-EL520


テールライト CAT EYE
TL-LD130-R

夜道は車に発見してもらうために尾灯も是非最初から用意したい。
LEDを4つ使ったテールライト。シンプルな形状で選んだ。
3つの点灯パターンを選べるが、一番派手なランダムで使っている。
消費電力が少ないので、「エネループ」でない普通の充電式乾電池をでも1年くらい使える。

スピードメーター CAT EYE
CC-MC100W
ブラック

俗にいうサイクルコンピューター。
自分のチャリライフを記録するためにも最初に買っておこう。
この種のものには、前ギアの回転数(ケイデンス)を測ったり、心拍数を測ったり、中にはGPSで速度を測るものもある。
でも、シンプルに使うにはこれが一番。GPSの精度には疑いを持ってるし、心拍数を測るにはいちいちセッティングが面倒。 ケイデンスが表示できるものがもう少し安ければそれにしたんだけど。
取り扱い注意として、電池交換の時には、走行距離がリセットされる。 交換後に設定できるが、メモっておかないと今までのチャリ記録がふっ飛ぶことになる。

ポンプ Panaracer
楽々ポンプゲージ付ブラック

自分も自転車のメンテナンスを自分でやるほうじゃないけど、空気入れだけは自分でやる。
フロア式のポンプは是非そろえよう。
形式は何でも良いが、圧力ゲージは必要。バルブの形式には気をつけて。
自分の場合は、自転車買ったときにいっしょに買った。
D-8/BFP-GBG

Copyright (C) 2006 T.Fujiwara , All rights reserved.