趣味のIT
自宅サーバーの構築
ApacheとTomcatの連携←
Javaのインストール
JavaWebStartの実装
Webプログラミング
JavaScript
Java Applet
PHP
Java Web Start
エクセルプログラミング
VBAでお絵かき
値を貼り付け
セル参照

自宅サーバーの構築

ApacheとTomcatの連携

入手
設定日 2005/02/05
解説ページ Winds
必要なモジュール jakarta-tomcat-connectors-jk2.0.4-win32-apache2.0.49.zip
ダウンロードサイト (ミラー)

インストール手順
ApacheとTomcatとを連携するにはコネクタというモジュールが必要で、安定性が高い mod_jk2 が良い。

1. モジュールのダウンロードと配置
ダウンロードしたファイルは展開して、mod_jk2.so をApacheインストールフォルダ直下の modules フォルダに移動する。

2. Apache設定ファイルhttpd.confを編集する
以下の内容をApacheインストールフォルダ直下の conf/httpd.conf に追記する。
LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so
3. workerを設定する
mod_jk2の接続設定をworkers2.propertiesというファイルに記述する。
以下の内容をworkers2.propertiesというファイル名で作成後、Apacheインストールフォルダ配下のconfフォルダに保存する。
                  [status:]
                  [uri:/jkstatus/*]
                  group=status:
                  [shm:]
                  disabled=1
                  [channel.socket:localhost:8009]
                  [ajp13:]
                  [uri:/tomcat-docs/*]
                  
4. TomcatとApacheを再起動する
設定ファイル編集後、Tomcat→Apacheの順番で再起動する。
この順番で再起動しなかった場合、変更内容が正しく認識されないことがある。

5. ApacheとTomcatの連携を確認する
http://www.e-fuji.mydns.jp/tomcat-docs/index.html
または、
http://localhost/tomcat-docs/index.html
Tomcat-Docの画面が表示されれば成功。

Copyright (C) 2006 T.Fujiwara , All rights reserved.