趣味のIT
自宅サーバーの構築
ApacheとTomcatの連携
Javaのインストール
JavaWebStartの実装
Webプログラミング
JavaScript
Java Applet
PHP
Java Web Start
エクセルプログラミング
VBAでお絵かき
値を貼り付け
セル参照

Webプログラミング手法

プログラムの実行方法としてインターネットを利用したものが色々と考えられています。
以下にその手法を比較してみます。
手法 実行環境
C:クライアント
S:サーバー
コンパイル データ保存 特長
JavaScript 不要 不可 クライアント側スクリプト言語。
手軽にプログラミングできる。
イメージスワップや他のプログラムの補助として使用される。
Java Applet
(Javaプラグインが必要)
不可 作成にはJavaのコンパイル環境が必要。
高度な処理の割にはできることが限定されており、最近はFLASHに置き換わっている。
PHP 不要 サーバー側スクリプト言語。
HTMLの処理に特化されているために使いやすい。
使用例が増えている。
Java Servlet / JSP
サーバーにJava実行環境が必要
勉強中!
Java Web Start C&S
自動配布にはクライアントにJWS(JREに内包)が必要
又、サーバーにJava実行環境が必要
Javaデスクトップ環境での高い操作性とプログラムの自動配布を両立させた、優れた特長を持つ技術。
ここでは、「肥満度の計算」という共通の例題に沿って、各プログラミングを実際に行った比較を行ってみます。
※各例題プログラムは不定期に更新を行っていますので、解説ページに掲載しているソースリストは実際のものと違う可能性があります。
Copyright (C) 2006 T.Fujiwara , All rights reserved.